BLOG

FC岐阜 Road to Dream

岐阜のために!

FC岐阜の竹田忠嗣選手とお送りしている

「FC岐阜 Road to Dream」


今回は、ゲストに

今年3月、J1浦和レッズから完全移籍加入した

MF 背番号42番 柏木陽介選手を迎えてお届け。


いつもは2人の選手を迎えてお送りしていますが

「竹ちゃんからソロでお願いと言われたので

 喋り倒します!」と、

リモート収録に臨んでくれました。


加入して半年ほどになりますが

ズバリ、岐阜の印象は

「良い人が多い県」だそう(≧∇≦)


岐阜県内 42市町村 制覇を目指し、

県内あちこち、ご家族と出かけているそうで

お聞きしたら、下呂温泉にも行かれて

関市のうなぎも食べて、瑞浪で、鮎やジビエも堪能された話を

聞きながら、もしかして、私よりも

岐阜に詳しいかもと思いました(笑)

岐阜に来たからには、岐阜を知り尽くしたいと思ってくれて

嬉しかったです!


そんな柏木選手が岐阜でやりたいことは

クラブ理念同様

「子供達に夢を与えること」

 


特に、小学校訪問をして、給食を一緒に食べたり

一緒に遊んだり、夢を持つことについて

子供達に話していくこと等ができたらとおっしゃっていました。


選手による地域貢献や社会貢献活動は

ファン層を広げることもできるし

地域全体で応援していこうというムードになることを

柏木選手はこれまでの経験の中でご存知なんでしょうね。

さらに、あたたかい言葉や

お礼の手紙等をもらうと、

励みにもなって、ピッチ上で良いパフォーマンスをすることにも

繋がるという、とても奥の深いお話をしてくれました。


また、今回は番組恒例の「FC岐阜 なんでも答えて10本勝負」にも

チャレンジしていただき、友人でもありライバルでもある

浦和レッズの槙野智章選手のことや、

一番の宝物であるお子さんの話、

さらに、これまでのサッカー人生の中で

一番嬉しかったこととして

いま、こういう状況になっても

「まだサッカーできていることが嬉しい」と

おっしゃっていたのが、印象的でした。


柏木選手の魅力は、もちろん

サッカーのうまさもありますが、

常に感謝を忘れず

受けた恩を還元していきたいという

人間性も素晴らしいなと、今回、初めて

ゆっくりお話させていただいて感じました。


いま、チームは、厳しい局面に立たされていますが

柏木選手曰く、

あとは、残り9試合を、昇格のために、選手一人一人が

どう戦うかにかかっているとのこと。

私たちも、昇格のために、一人一人がどう応援するかが

カギとなります。

悔いのないよう、全緑で、応援していきましょう!!!