BLOG

学校では学べない授業~高校生x若手リーダー~

岐阜県立加茂高等学校×(株)テクノプレニードヒダ 代表取締役社長 肥田彰吾さん(第30回)

第30回放送「学校では学べない授業~高校生×若手リーダー」

この番組は岐阜県内の高校生が、地元岐阜県内の企業や団体など、

最前線で活躍する「若手リーダー」と熱く、本音で語り合います。

ナビゲーター:岐阜協立大学 学長 竹内治彦

Image title第8回目のシリーズは、

岐阜県立加茂高等学校の生徒さん×(株)テクノプレニードヒダ 代表取締役社長 肥田彰吾さんが登場!

(4月19日・26日・5月3日・10日)

Image title

今回は、高校生から肥田さんに質問をぶつけました。

■資材管理倉庫を木造で建設されたのは?

 →「新しいものを取り入れることを昔からやってきた」

 耐火性は?

 →「木の質そのものが今は鉄骨に近いくらい強度がある。

   しかも燃えにくいという実証データがでている。

   耐火性能があるというコンセプトがあったからこそ、木造でもいいだろう。

   消防署の監査を受けて化学品を扱う工場として許可が出ている。」


■社長になって何年?

 →「10年」

 10年間で一番印象に残った出来事は?

 →「おととし、工場を1棟、火事で燃やしてしまった。

   過失があったわけではないが、起きた事実は大変なこと。

   近隣の皆様・お客様にご心配をかけたし、逆に応援してくれた。

   どんなことがあっても恩返しをしていかないといけない。」

  「たくさんの友人が遠くからお見舞い・片付け・手伝いに毎日のように来てくれた。

   木造の工場を建ててくれた木造メーカーさん、建築屋さんも、本当に一生懸命片付けてくれた。」

  「うまくいっている時は何でもなくても、

   うまくいかないとき応援してくれる人に対しては、

   本当にいつも感謝の気持ちを持ってお付き合いしていくと、

   それが本当の意味での友達として長くお付き合いできる。」

Image title

来週もお互いに様々な質問をぶつけていきます。

来週もお楽しみに。