BLOG

MIX JAM FRIDAY

協会けんぽ

Image title

協会けんぽの支部長、名知さんが

お得な情報を持ってスタジオに来てくださいました!


協会けんぽは全国で3,900万人の加入者がいる日本最大の医療保険。

主な仕事は、健康保険証の発行や健康診断などの健康づくり事業、

そして、医療費の適正化にも取り組んでいます。


今回は「ジェネリック」についてお話していただきました。

ジェネリックとは、「ジェネリック医薬品」の通称。

要はお薬のこと。

ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れた後に

新薬と同じ有効成分を使って、作る医薬品です。

なので、通常新薬開発にかかる膨大な研究開発費用がかかりません。

そのため、お薬のお値段がリーズナブルになるんです。

つまり、お財布に優しい!


お薬を手にいれる側のお財布に優しいということは

国が負担している医療費も減るということ。

医療保険制度も健全に維持されることに繋がります。

またジェネリックの使用を増やせば、

健康保険料の料率が下がる可能性もあるので

毎月の保険料が下がることも期待できます。


病院でお薬をもらうときは、ぜひ

「ジェネリックでお願いします!」と伝えてみてくださいね。