BLOG

GIFUインフォメーション

2018.04.11

4月11日(水)

空宙博(そらはく)リニューアルオープン


岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称「空宙博」(そらはく))がリニューアルオープン。

先人の空・宇宙(そら)への憧れ、挑戦の物語を伝え、子どもたちにチャレンジスピリットと感動を与える博物館として生まれ変わりました。


■開館時間

平 日:10:00~17:00

土日祝日:10:00~18:00

■休館日

毎月第一火曜日、年末年始

■入館料金

大人 800円

高校生・60歳以上 500円

中学生以下は無料

■お問い合わせ

県庁航空宇宙産業課

TEL 058-272-8836

※Web検索=岐阜かかみがはら航空宇宙博物館


◆岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の見どころ

国内最大級の展示場(面積9,400㎡)に、国内最多の43機の航空機と、探査機や人工衛星模型などを展示。

航空エリアの目玉展示は、人類初の動力飛行機「ライトフライヤー」や「零戦初号機」の実物大模型、大戦期の「飛燕」の実機。

宇宙エリアでは、ISS(国際宇宙ステーション)の日本実験棟「きぼう」や最新の国産探査機「はやぶさ2」、火星探査機「キュリオシティ」の実物大模型を展示しています。

他では見られない貴重なものが多く、航空と宇宙の本格的な専門博物館としては、国内唯一の施設となります。

楽しく学べる紙飛行機の製作教室や水ロケット発射体験教室のほか、学習プログラムも充実します。





美術館:曝涼展


「曝涼」とは天気のよい日に図書や衣類、道具などを日に曝して風をとおす―虫干しを意味します。

本展では、岐阜県美術館の収蔵庫から、作品を順次「虫干し」のように展示していきます。

とはいえ劣化を防ぐため、実際に作品を日に曝すわけにはいきません。

代わりに作品の採寸や点検など、普段見る機会の少ない作品の「日常」をご紹介します。


■日 時

5月20日(日)まで

10:00~18:00

(入場は17:30まで)

第3金曜日は夜間開館日

(入場は19:30まで)

休館日は月曜(祝日の場合は翌平日) 

■場 所

県美術館

(岐阜市宇佐4-1-22)

■観覧料

一般 500円(400円)

大学生400円(300円)

( )内は20名以上の団体料金

高校生以下無料

■お問い合わせ

県美術館

TEL 058-271-1313

FAX 058-271-1315

メールc21801@pref.gifu.lg.jp

Web検索キーワード:岐阜県美術館

< 一覧へ戻る