BLOG

FC岐阜 Road to Dream

2018.01.12

新時代を拓く!

サッカーJ2の我らがFC岐阜が

いよいよ、昨日、1月11日(木)に始動。

「2018 新体制・新加入選手 記者発表」が行なわれました。


ということで

13日(土)放送の

「FC岐阜 Road to Dream」では、

 FC岐阜の宮田社長、大木武監督はじめ

新加入選手も登場した記者発表の模様と、

新加入選手へのインタビューをお届けいたします!

Image title



岐阜フットボールクラブの宮田社長から発表された

今シーズンのスローガンは

「新時代を拓く」

昨シーズンは、18位で終わったFC岐阜ですが

魅せられるチームに成長。

その結果、来場者数が増えたことを評価しつつ

J参入11年 スタートの年ということで

新たな歴史をつくる年にしていきたいと、

おっしゃっていました。


そして、2年目となる

大木武監督からは、

「一桁順位」という目標を達することができなかった

昨シーズンを振り返り、

「残念ではあったが悔いはない」とコメント。

「悔いがないところを、もう一度

結果に残せるような1年にしていきたい」と

力強く、おっしゃっていました。

Image title



2018シーズンの目標は

昨シーズン同様「一桁順位」

「得点をよくとって、失点を減らす」

というところに重点をおいて

キャンプに臨んでいきたいとのことでしたので

ぜひ、このキャンプ中に、みっちり、トレーニングして

今年は、目標を達成してもらいたいですね。


記者発表では、今シーズンの新加入選手も登場。

それぞれ、目標や、意気込みを語っていました。

そして、その後、行われた囲み取材で

選手への直撃インタビューを敢行。

Image title


限られた時間の中でのインタビューだったということもあり

気づいたら、ほとんど写真が撮れていませんでした^^;

唯一、撮れていたのがコチラ!


Image title



地元多治見市出身で

中央大学から加入した、三島頌平選手。

プロ野球選手の大谷翔平選手とよく似ていてびっくり!

三島選手自身も、よく言われるとおっしゃっていました(^ ^)

待ってましたの岐阜出身選手。

幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になれ

地元である岐阜でプロ生活をスタートさせることになった喜びを

話しつつも、まだまだ、上を目指したい!

自分の活躍で、岐阜のサッカーを活性化していきたいと

おっしゃっていたことが印象的でした。


そのほか、

V・ファーレン長崎より期限付き移籍加入された

宮本航汰選手へのインタビューでは、高校時代、

当時、ジュビロ磐田のユースの監督をされていた大木監督のチームと

対戦したことがあり、その時、

大木監督のパスをつなぐサッカーで「ちんちん」にされて(笑)

衝撃を受けたエピソードや


桐蔭横浜大学から加入した

石川大地選手からは、1年目だからといって

遠慮せず、自分らしいプレーで、どんどん、

ゴールに絡んでいきたいという、頼もしいコメントも飛び出しました!!

石川選手は、桐蔭横浜大学で、10番を背負って活躍していた

エースストライカーですから、

ぜひ、その力を遺憾なく発揮してもらいたいですね。


今回の記者発表で大木監督が、

非常に若いチームになったとコメントしていましたが

それもそのはず!

新加入選手の平均年齢は、22.6歳


でも、お話を伺うと、皆さん

若いのにしっかりしているというか

落ち着いていて、驚きました。

大木監督が「戦力面の不安はなし」と

太鼓判を押す新戦力に、かなり、期待がもてそうですよ〜〜!!

来週も、新加入選手へのインタビューの模様をお届けしますので

ぜひ、チェックしてくださいね。

Image title



我らがFC岐阜は、昨日1月12日(金)〜15日(月)まで

静岡市にあります

「J-STEP 清水ナショナルトレーニングセンター」にて

静岡キャンプを行い、その後

24日 (水)〜29日(月)まで、今度は

大阪府堺市にあります

「J-GREEN SAKAI」

堺市立サッカーナショナルトレーニングセンターにて

堺キャンプを

そして、来月2月1日(木)〜12日(月)まで

宮崎県内で宮崎キャンプを行う予定となっております。

なんと、3回に分けてキャンプを行う気合の入れよう!

今シーズンにかける意気込みが感じられますよね(≧∇≦)

これから、約1ヶ月に渡って行われるキャンプを経て

どんなチームになっていくのか、楽しみにしましょう♫


< 一覧へ戻る