BLOG

SUZUKI Run Runランチ

2017.12.20

リポートNo.12 田舎のとろろめし(萬葉・可児市)

可児市にある「花フェスタ記念公園」近くの

のどかな田園風景の中に、突如現れる、

お屋敷風の立派な建物!

ここが、地元の人がこよなく愛する名店

「とろろめし 萬葉」

Image title


広くて落ち着いた店内からは

大きな錦鯉が泳ぐ池と滝、

その奥には

陶芸作家さんの作品を、鑑賞したり購入できるギャラリーも見え

とんでもなく敷居の高いお店に入ってしまったのではないかと

一瞬、不安になりましたが^^;

Image title


ここの「とろろめし」が絶品と聞いてやってきた私。

「とろろめし」は私の大好物。

ここで引き返すわけにはいきません。

ひとまず食べて考えようと「田舎のとろろめし」を注文。

すると出てきたのは、懐石料理を思わせる

彩り鮮やかな料理たち。

Image title

とろろだけじゃないんだぁ(≧∇≦)

なんと!とろろ以外に7品もあるじゃないですか♫

器も素敵♡

美味しいものをちょっとづつ頂きたい女性としては

この時点ですでに、テンションあがりますよね!

そして、お目当ての「とろろめし」がコチラ。

すり鉢にたっぷり入った「とろろ」と

おひつで運ばれてきた、かまどで炊いた麦飯。

これで、1550円は、お得すぎ!!!

しかも、山芋ではなく、自然薯のとろろめし(≧∇≦)

Image title

見た瞬間、おなかが「ぐぅ〜〜っ」と鳴る私。

この粘り気、見てください!!!!

おひつからお茶碗に麦飯を、最初は、上品に

少なめに入れて

その上から、弾力のあるとろろをかけ、

ネギや刻み海苔の薬味を入れて、

ズルズルズルズル〜〜〜〜〜〜!!

ズルズルズルズル〜〜〜〜〜〜!!

お箸が止まらなぁ〜〜〜〜〜いっ!!!

というわけで、あっという間に、1杯目を完食(笑)

そこからは、もう、ガツガツ、口の中に流し込んで

遂に、とろろはもちろん、おひつに入っていた麦飯を全て

平らげてしまった私。

コメントすることを放棄してしまいたくなるくらいの(笑)

美味しさでした♫

Image title


ご主人によると、自然薯は

10月中旬から

11月中旬から12月いっぱいあたりまでが

収穫時期なんだそうで、この期間に行くと

地元で採れた自然薯のとろろめしが頂けるそうです。

旬のものは旬のうちに。と言いますが

より美味しく頂きたい方は、お早めに足を運んでくださいね。

Image title


さらさらと、何杯でもいけそうな「とろろめし」

なんと、FM GIFU オリジナル特典として

このページを見せて頂くと

「とろろ」おかわり1杯サービスしてくれるそうですよ〜!

これは、行くっきゃないでしょ〜〜〜♫♫



_______________________

田舎のとろろめし

1550円


とろろめし 萬葉

可児市久々利字下岡本810

0574-64-5060

ランチタイム

11:00〜14:00(火曜 休)

_______________________

FM GIFU オリジナル特典

このページを見せて頂くと

とろろおかわり1杯サービス

*2018年3月末まで

< 一覧へ戻る