BLOG

GIFUインフォメーション

2017.11.08

11月8日(水)

留学生と語り合う「教えて!海外教育事情」交流会

県図書館では、

「留学生と語り合う「教えて!海外教育事情」交流会」を2月まで毎月開催します。

※要申込

■日時/11月12日(日)/12月10日(日)

     1月14日(日)/ 2月11日(日)

10:45~11:45 

■場所/岐阜県図書館 児童コーナーおはなし室

(岐阜市宇佐4-2-1)

■料金/無料

■対象/小学4~6年生の児童

■定員/15人(先着順) 

■申込方法/1.申込先に電話

2.岐阜県図書館 第2カウンター

■申込/随時受け付けています。

参加を希望される月をお伝えください。

■申込先・お問い合わせ/

岐阜県図書館 サービス課調査相談係

TEL 058-275-5111

FAX 058-275-5115

メール library@library.pref.gifu.jp

Web検索キーワード:岐阜県図書館

◆「教えて!海外教育事情」交流会とは?

小学生と、岐阜大学留学生センター等から派遣された

様々な国出身の外国人留学生等との交流会です。

11月以降も2月まで、毎月第2日曜日に実施をします。

海外の小学校の様子や、海外の文化、

日本や岐阜の印象などについて交流します。

世界にはたくさんの国や文化があることを意識するきっかけ、

世界に目を向ける第一歩となるよう、この交流会を計画しています。


狩猟期間中の猟銃所持者の事故防止

狩猟期間は11月15日から翌年2月15日まで

(イノシシ・ニホンジカは11月1日から翌年3月15日まで拡大)となります。

昨年度の狩猟期間中、全国では10件の人身事故が発生し、

10名もの方が死傷しています。

事故原因を見ると、半数は「暴発」によるもの、

次いで「矢先の安全不確認」や「誤射」と、

いずれも不適切な銃の取扱いや安全不確認、

脱包の徹底がなされていないなどの

基本的なことが守られていなかったことが原因です。

こうした事故を防止するために、

必ず次のことに注意して狩猟を行ってください。

○ 狩猟ができる場所は、狩猟者だけのものではありません。

  林業者や登山を楽しむ人々などがいることを忘れず、

  周囲への目配り、気配りをしてください。

○ 確実に獲物と判別できるまで銃を撃ってはいけません。

  猟場では「狙った先にいるものは、獲物ではなく人かも知れない」

  という気持ちを常に持ち続けてください。

○ 発射が必要なとき以外は、実包を装てんしてはいけません。

  狩猟中の移動の際も必ず弾を抜いてください。

○ 猟友会が主催する事故防止研修会等に参加し、

  狩猟期前の射撃練習を必ず行ってください。

全てに優先されることが「事故防止」です。

無理をせず、余裕を持って狩猟を行い、

悲惨な事故が1件も起こらない狩猟期間にしましょう。

■お問い合わせ先:県警察本部生活安全総務課

(058-271-2424 内線3183)又は各警察署生活安全課

< 一覧へ戻る