BLOG

MORNING SPLASH

2017.09.06

啓文社記念館

今週はKITAGATA WEEK!

今週末9月9日(土)に清流平和公園で

KITAGATA清流フェスが開催!

北方町の魅力をお伝えします。


今回は北方町にある啓文社記念館について

北方町総務課の堀さんにお話を伺いました!

Image title

●啓文社記念館、とても趣のある外観ですが・・・

建てられたのは大正15年。

北方町内で現存する、最も古い鉄筋コンクリート造の建築物です。


●啓文社の歴史について教えて下さい。

明治15年、岐阜の泉町に法令出版の会社「啓文社」が設立。

明治30年大阪に会社を移し、明治34年北方に出張所がおかれました。

その後、戦争の空襲で大阪の印刷工場が焼失。

版権を別会社に譲りました。

事務所は閉鎖され、一時、医院などが入っていましたが、

35年以上、放置されていた場所だったんです。


●その後記念館としての経緯は・・・

町民サークルが長年使われていないのを惜しんで、

「町づくりの拠点」としての利用を計画。

建物の雰囲気を壊さないよう、

外観は変えず、内壁をモルタルで補修しました。

出版社の創業者の子孫の方から援助を得て改修、

2011年に記念館としてオープン。

現在2階に啓文社の書籍やチラシなどを展示し、

1階はイベント会場として利用されています。


●月一で開催されている「ワタルカフェ」について

「自衛隊にはいろう」などで知られる、

伝説のフォークシンガー高田渡さんが北方町生まれで

8歳までこの地で過ごされました。

そんな高田さんの「生誕地」であることを広く町内外にアピールし

特色ある町づくりにつなげたいと考え、

高田さんの歌や生き方の魅力を再認識してもらう為に

月に一度「ワタルカフェ」を開いています。

高田渡メモリアルコンサートの紹介など、

詳しい情報はワタルカフェのウェブサイトでご確認ください。


●アクセス方法は?

バスでおこしの場合、北方バスターミナルが最寄です。

JR岐阜、名鉄岐阜よりバスでお越しください。

バス降車後、北へ。その先の商店街を西へ進むと左側にあります。


●番組を聴いているリスナーにメッセージを!

音楽や文化の新しい交流の場として、ぜひお越しください!

< 一覧へ戻る