BLOG

GIFUインフォメーション

2017.03.15

3月15日(水)

要約筆記者養成講座

要約筆記者養成講座を開催します。

要約筆記とは聴覚障がい者のために

話の内容の要点をつかんで短い文にまとめ、

その場で文字にして伝える筆記通訳のことです。

※要申込

■日時/4月~平成30年1月の日曜日

■場所/大垣市総合福祉会館

     (大垣市馬場町124)

■料金/受講料無料(テキスト代のみ実費)

■定員/手書きコース:20名

 パソコンコース:20名(抽選)

■対象者/パソコンコースについては、タッチタイピングができる方

■申込方法/はがきまたはFAXに、講座名、住所、

氏名(ふりがな)、年齢、職業、電話・FAX番号を記入し、申込先へ

■申込期限/3月31日(金)必着 

■申込先・お問い合わせ/岐阜県聴覚障害者情報センター

 TEL 058-213-6786

 FAX 058-275-6066

〒500-8384 

岐阜市薮田南5-14-53 ふれあい福寿会館6階

■体験教室も随時開催中!

要約筆記が体験できる教室も開催しています。

詳しくは情報センターまでお問い合わせください。


母子父子寡婦福祉資金貸付金のご案内

岐阜県では、母子父子寡婦福祉資金の貸付を行っています。

貸付金の種類は12種類ありますが、

その中でも児童の進学等にかかる

修学資金・就学支度資金についてご紹介します。

■貸付限度額/

貸付資金の種類や学校区分により異なりますが、

例えば修学資金は私立高校であれば月額4万5千円、

私立大学であれば月額8万1千円です。

■償還期間/

 償還期間は10年以内(学校卒業後一定の据置期間経過後償還が始まります。) 

■申請先/

 市にお住まいの方は各市役所福祉関係課

 町村にお住まいの方は各圏域の

 岐阜地域福祉事務所又は県事務所福祉課

 貸付について確認するため面接を行う必要があります。

■お問い合わせ/上記申請先の市役所、事務所

または県庁子ども家庭課

TEL 058-272-8326

FAX 058-278-2644

メール c11217@pref.gifu.lg.jp

※Web検索=岐阜県母子父子寡婦貸付金

◆修学資金とは?

 ひとり親家庭の母や父が現に扶養している児童又は

 父母のない児童を高等学校や大学などに

 就学させるために必要な授業料、通学費、

 学用品等の購入費等にあてるための資金です。

◆就学支度資金とは?

 上記修学資金と同様に扶養している児童が

 高等学校や大学などに入学する際に必要になる入学金や

 被服、教材等の購入費に隔てるための資金です。

< 一覧へ戻る